借入や返済に手数料はかかりますか?

キャッシングの融資や返済をするのに手数料はかかるものなのでしょうか。
まずは融資や返済ができる場所を挙げてみました。
・有人店舗窓口
・自社ATM
・提携ATM
・インターネットバンキング
・振込

この中で手数料がかからずに手続きできるのは以下になります。

・有人店舗窓口
・社ATM

契約しているキャッシング会社が保有しているものでの手続きであれば原則手数料は無料で利用できます。
少しも手数料を払いたくないのであれば、近くにある自社保有の窓口やATMを見つけて利用しましょう。

次の提携ATMとインターネットバンキングですが、こちらは手数料がかかるケースとかからないケースの二種類あります。
提携ATM&インターネットバンキングでも全て手数料無料としているところもあれば、一部手数料無料としているところや、全て有料としているところもあります。
これに関しては申込みたいキャッシング会社のホームページで調べることをお勧めします。

ホームページにはどこで利用すると手数料がかかるかなど詳細に載っています。
振込に関しては振込手数料が銀行から徴収されますので、必ずかかるものだと思っておいてください。
手数料は105~210円ほどとなっています。

消費税が上がればその分手数料も上がる可能性は高いです。
キャッシング会社を選ぶ際は金利や安心感などに目がいきがちですが、実はこういった細かい部分でもお金はかかるものなのです。

・A社は金利が若干高いが、自社&提携&インターネットバンキング全て手数料無料
・B社は金利が低く大手で安心感があるが、手数料がかかる

二社を比べたとき、B社を選ぶ人は多いです。
しかし手数料のことを考えると、B社ではあとが大変になります。

ご自身の家や勤務先の近くに申込みたいキャッシング会社保有の窓口やATMがあるかどうかを調べ、それがあるのならば低い金利や安心感を選ぶと良いですが、提携ATMしかない場合は手数料無料の方が断然お得です。
このような観点でキャッシング会社を選ぶのもお勧めです。

リボン専業主婦が内緒で借入できるカードローンの詳細へ