在籍確認の内容とは

カードローンの申し込みをすると審査の過程で在籍確認の電話が必ずあります。
勤務先への在籍確認が一般的ですが、専業主婦の場合は夫の勤務先ではなく自宅へ本人宛に電話をくれるカードローン会社もあります。
カードローン会社からの確認の電話となると緊張しますが内容はとても簡単なものです。
多くは非通知やフリーダイヤルで電話がありカードローン会社名を名乗らず担当者個人名を名乗ります。

もし社名を名乗ったとしてもカードローン会社とは判らないように配慮してくれます。
お金を借りることは決して悪いことでは無いのですが、専業主婦だけでなく多くの人はやはり家族や同僚には知られたくないものですしカードローン会社もその点はよく承知しています。
具体的には「山本と申しますが○○さんいらっしゃいますか?」「はい、私です。」と本人が電話に出た場合は名前・生年月日等申込書に記入した基本情報の確認程度で即終了です。

もし家族が出た場合は「山本と申しますが○○さんいらっしゃいますか?」「○○は今出かけています。」「それではまたご連絡します」とだけ伝え電話を切ります。
「在籍確認の電話だったのですが~」などと伝言を残したり余計なことは一切言いません。
本人が申込書の自宅連絡先に実在することを確認するのが目的ですので、本人が不在でも実在することがわかれば在籍確認完了となることが多いです。
1分もかからず終了しますので周りに不審に思われることもありません。

どうしても心配な人は家族がいない時間に電話をもらう、女性の担当者にしてもらうなどカードローン会社に相談してみるとよいでしょう。

リボン専業主婦が内緒で借入できるカードローンの詳細へ