専業主婦にアンケート!毎月返済できる金額はいくら?

どうしても急にまとまったお金が必要になって利用したカードローンに対して毎月いくらずつなら返済できるでしょうか。
専業主婦に家計のやりくりからお金を回して返済できる金額を考えてもらいました。
その理由とともにアンケート結果を紹介します。

【3万円】
■予備費としてもらっている金額がだいたいそのくらいの金額です。
その他にも交際費や医療費、こどもの洋服や文具雑費など、必ず使う予定でないものもありますが、繰越金として残るであろう金額が3万円位です。

■生活費を減らせるのは食費しか無いので、外食を減らして3食手作りをしてやりくりできるのが3万円位と思いこの金額にしました。
外食も仕方なくする場合はなるべく安くすむ所をネットで探すようにする。

【2万円】
■夫には、娘の習い事の費用、学費など、多少上乗せして報告しているので、その差額で1万円、母から夫には内緒で月々もらっている祖父の遺産分のお金があるので、月々3万円は捻出できる。

■夫にはバレずに、なおかつ安定して返済に回すためには、生活費を削り、食費を削ると思います。
食費3万から2万円へ。生活費3万円から2万円へ。これくらいなら旦那にバレずに返せると思います。

■毎月特に大きなイベントがなければ1万円くらいは余裕があるから。
幼稚園ママ達とのランチを減らしたり子供の食費を少しきりつめれば2万円くらいはなんとかなりそうな気がする。

【1万円】
■現在、家計簿をつけているのですが、毎月の収支がだいたい+1万円程度です。
なるべく早く完済してしまいたいので、1万円程度を返済します。
無理に節約して多く返さなくてもいいかな?と思います。

【5000円以下】
■昼をコンビニや友人とのランチで済ませていたのを、自宅でお茶漬けと前日の汁物だけで過ごすようにすると週に1500円浮きます。
次に土日の外食を月1日減らします、これで3500円、残りの2500円は食費を削ったり、書籍など無駄なものを買うのを減らせば達成できます。

■基本的に自分の小遣いに回している金額が1万円ほどなのでその中から自分が自由に使えるお金を残しつつ返済に回すとしたら5000円程度かなと思ったのでこの金額になりました。

■生活費がとても少なく、年金生活なのでそんなに、お金を節約することはできません。毎日100円から200円節約するのが精いっぱいなうえに、予算オーバーする日がありますので、月3000円が精いっぱいです。

リボン専業主婦が内緒で借入できるカードローンの詳細へ