過払い請求とは

過払い請求とは貸金業者が高い金利で利用者から徴収し続けた利息の払い戻しを利用者側が要求することです。
2010年の6月17日以前は利息制限法で元本金額によって15%から20%の上限金利を定めこれを超えた部分については無効としました。
しかし出資法で定められた上限金利は29.2%でありこれを超えて利息の契約をすると刑罰が科されました。
登録を受けた貸金業者は利息制限法の上限を超える本来無効な金利を一定条件のもと有効な弁済とみなす「みなし弁済」を利用し罰則のある出資法の上限金利未満までの、いわゆるグレーゾーン金利を利用者に適用してきました。
しかし、2010年6月18日に出資法の上限金利が20%に改正されたのでグレーゾーン金利は廃止になりました。

そして以前にグレーゾーン金利を支払っていた分の返還請求を行うことができるようにもなりました。
過払い請求をするには特に資格は必要ありませんが過去の取引明細を取り寄せたり金融業者との交渉など手間と時間がかかり金融の知識も必要になります。
相手が大中規模の金融業者であれば慣れていて手続きもスムーズにいきますが、自信が無い場合には弁護士・司法書士・行政書士に相談し依頼することもできます。
最近では弁護士や司法書士の広告などでも過払い請求という言葉を目にします。
過払い請求を行うデメリットはほとんどありません。
2010年以前は債務整理と性質が似ているためブラックリストに載ってしまうことがありましたが消去することもできます。

今後の不当な請求を防ぐためにも被害者は手間をかけてでも過払い請求を行うことが大切です。
また2010年6月18日の貸金業法改正により出資法の上限金利を超える契約には5年以下の懲役若しくは1000
万円以下の罰金が科せられるなど規制が厳しくなりました。
よって現在大手の金融業者では高い金利を請求するなど不当な行為は無いので安心して借り入れできます。

リボン専業主婦が内緒で借入できるカードローンの詳細へ