カードローン会社から送られる郵送物について

カードローンを利用するうえで付きものなのが利用明細です。借入れ内容を確認して計画的な返済を行うために必要不可欠なものですが、
自宅に郵送されるのを嫌う人も少なくありません。日常の収入だけでは間に合わず借入れしたいという主婦の人も、旦那や家族の目に触れてカードローンの利用がバレるのはできれば
避けたいところです。そんなときにはWEB明細の利用をおすすめします。以前は利用明細書が郵送されてくるのが一般的でしたが、現在ではインターネット上で明細
を確認できるシステムが普及しています。パソコンやスマホなどで簡単に閲覧できるので大変便利です。家族に知られる心配もありませんし、資源の節約になりゴミも減らせます。
自分専用のページにログインする仕組みなので、第三者に見られることもなく安心です。利用明細書の郵送が不要の場合は簡単な手続きで郵送をストップすることができます。
また初めてカードローンを申し込んだ場合、審査に通るとキャッシング用のカードが発行されます。このカードの自宅郵送を希望しない場合も、他に受け取りの方法がありますの
で大丈夫です。自動契約機を利用して申し込めば、その場でカードを受け取ることが可能です。またインターネット申込みの場合は、審査通過後に自動契約機に出向いてカード
の受け取りができます。カードが手に入った後は、限度額内ならいつでも何回でも借入れすることが可能になります。申込み時間によっては即日融資に対応してもらえることも
あります。

カードローンの返済方法について

銀行カードローンの返済方法はいくつかあります。
各カードローン会社によって若干選択肢が違い、指定された普通預金口座からの自動引き落とし、ATMでの返金、他に来店、振り込み、WEB決済などがあります。
どの銀行カードローンでも取り扱っているのは自動引き落としとATMによる返済です。
カードローンなどの金融業者から借入したら決められた日に決められた金額を遅延せずに返済し完済することが一番大切な事です。
それ以外のルールは無いといっても過言ではありません。
そのことを踏まえて自分にあった返済方法を選ぶ必要があります。

まず自動引き落としです。
余裕があるときに指定した銀行普通預金口座に入金さえしておけば返済日にその都度手続きをしに慌ててATMへ駆け込むこともありません。
取引明細書のWEB交付サービスを利用していれば郵送物もないので家族に知られることもなく専業主婦にとっては特に便利です。
カードローン会社も普通口座に残高があれば確実に回収できるのでメインの返済方法としているところが多いです。
次にATMです。
ATMは自社ATMとコンビニなど提携ATMと利用可能としており全国人が集まるところにはどこにでもあり便利です。
返済時その場で取引明細書を受け取りたい人などには便利です。
但し提携ATMで発行される取引明細書は法律で決められた項目を記載出来ない場合もありその際は後日送られるかWEB明細で確認が必要になります。
また108円や216円と手数料がかかる場合もあるので十分確認が必要です。
他に店舗のあるカードローン会社では来店できるところもあり窓口で相談しながら返済できます。
銀行振り込みは近くにATMが無い場合に便利ですが振り込み手数料がかかります。
最近ではWEB決済での返済も利用できるところが出てきました。
24時間365日利用できるので、パソコンが得意な人には便利です。

自分にとって一番都合が良い方法をしっかり選び遅延や滞納しないように十分気をつけましょう。

金利について

借金をすると必ず金利が発生します。

利息とも言いますね。

これは利息法という律があって、元本によって何%までの利息と定められています。

・元本が10万円未満の場合、利息制限法の利息は年/20%
・元本が10万円以上?100万円未満の場合は年/18%
・元本が100万円以上の場合は年/15%

このようになっています。

ところが消費者金融の場合は、これよりも5%?14%も高い利息をとっているところもあります。

この場合は法律で定められた利息を元に計算すると、当然のように過払い分が出てきます。

取引が長いほど、過払い金も多くなっている可能性があります。

過払い金があるとわかった場合には、過払い金返還請求をすれば多く支払った分を返還してもらうことができます。

この場合は弁護士や司法書士に依頼して、専門家に任せるのが賢い方法と言えるでしょう。

ギリギリのラインのグレーゾーン金利というのもありますが、消費者金融の多くがこのグレーゾーン金利を利用しています。